廃棄物処理をするにも費用がかかる|見積もりをしよう

作業員

環境改善に効果あり

工事現場

依頼は業者への委託で

私たち人間は、これからの未来を生きる上で地球に優しいエコな活動を取り入れていかなくてはいけません。ガレキ選別もそのひとつの方法として知られています。工事現場や解体現場、地震や台風などの後にでるガレキの中には、まだまだ使用することのできる資材が多く含まれています。こうして、使用可能な資材を選別し、再利用することがガレキ選別の目的なのです。主にガレキ選別は、排出事業者や処理業者に委託し、行われます。方法は様々ありますが、基本的にガレキは重いものが多く、大体の場合が重機を使用した選別になります。また、そのガレキを業者が持ち帰り、ベルトコンベアなどに乗せ手作業での選別方法などもあります。また、専門業者によっては、ガレキを振るいにかける機械を利用し、軽いガレキと重いガレキに分ける選別方法などもあり、ガレキ選別はプロの業者に一任することが良いでしょう。ガレキ選別は、エコな活動と言われる一方、それにかかる費用面の問題も大きくあります。選別する為にガレキを回収する際にも重機が使われるため、その重機使用代や燃料費、ガレキ撤去時に使われる粉塵防止シートや各消耗品などにもかなりの費用がかかってしまいます。また、手作業での選別や、書類等の作成にかかる人件費もあり、費用面がガレキ選別の今後の課題として挙げられています。今後、費用面が改善され、ガレキ選別が多くできるようになることで、地球の環境の改善に影響が出そうです。